MENU
アーカイブ
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
ゆり
子供のころからファンだった宝塚歌劇
結婚や子育てで離れていましたが
2011年から観劇を再開しました。

夫が病で亡くなって一人暮らしとなり
宝塚歌劇に生きる活力をもらいながら
感動と心地よい暮らしを
積み重ねていくことが目標です。

何歳になっても元気に大劇場へ通うため
ピラティスや姿勢改善など
セルフケアにも取り組んでいます。

宙組多めの全組観劇派です。
PVアクセスランキング にほんブログ村

【感想】星組「モンテ・クリスト伯」どこまでも美しい礼真琴さん

星組全国ツアー公演「モンテ・クリスト伯」を梅田芸術劇場で観てきました。

再演が決まったときには、もっと礼真琴さんにふさわしい作品があるのでは!?と思ったりもしましたが…

さすがの一言。礼真琴さんはどこまでも美しくカッコよかったです!

スポンサーリンク
目次

全体の印象

今回の全国ツアー公演では、前回の宙組版からいくつか演出の変更がありました。

一番大きな変更点は、狂言回し役が現代の高校生からルイジ・ヴァンパとベルツッチオに変わったことでしょう。

この2人が長~い「巌窟王」のお話をわかりやすく補足説明してくれるのですが…

この説明、ぼーっと聞いていると右から左に聞き流してしまいがち!

もちろんじっくり聞いているとちゃんと理解はできます。

でも説明セリフで「何年も悲惨な獄中生活を耐えた」と言われても、今一つピンとこず。。

今回は全国ツアー公演のためにセットの制約があるのか、牢獄の様子が簡単なものになっていました。

さらに、宙組版でショックに感じた獄中のエドモンの衣装もそれほど汚いものではなく、長く辛い悲惨な獄中生活の様子があまり伝わってきませんでした。

そのせいか、エドモンがモンテ・クリスト伯となって復讐を果たすことについて説得力に欠けるというか…

エドモンの強い意志を感じにくいというか…

復讐も軽い気持ちで「やってやったぜ!」って感じ。

そんなところで、前回の宙組版よりずいぶん軽い印象となりました。

宙組版の凰稀かなめさんを観たときには、その囚人の様相があまりに悲惨な感じで衝撃的でした。

そこまでしなくてもいいのに…と思っていましたが、今思えばその姿があったからこそ、彼の心の底から沸き起こる復讐の強い気持ちを感じ取ることができたのかもしれません。

スポンサーリンク

個人の印象

礼真琴さん

超実力派の礼さん。いつもながらに圧倒されてしまいました。

今回特に印象に残ったのは、どの場面でも衣装の着こなしが素晴らしくカッコよかったことです。

牢獄の場面でさえも、美しくカッコいいエドモンでした。

血で汚れているとはいえ、白シャツでリアルさには欠ける気もしましたが…

宝塚はこれでいいのです!!

やっぱりトップスターは美しくあってほしい〜!

舞空瞳さん

エドモンに息子との決闘をやめてくれるよう懇願するシーンは、全体の中で一番感動しました。

愛する息子、そしてその息子の父親でもあるかつての婚約者、その2人を思う気持ちが伝わる素晴らしい演技でした。

輝咲さん・瀬央さん・綺城さん

3悪人なのですが、悪の中の悪というほどには感じませんでした。

全体的に軽めだからそう感じるのか…

輝咲さん、すごく渋い二枚目になってて、「えっ、輝咲さん…?輝咲さんだよね!?」ってオペラで二度見しました。

暁千星さん 

今回から星組に出演の暁さん。名前が星組にぴったりですよね。

下級生の頃はとても可愛い印象でしたが、「ブエノスアイレスの風」を経て一気に大人の男役度がアップ!

今回は顔見世的な感じでしたが、今後どんどん存在感が増していくであろうことが容易に想像できるオーラを放っていました。

天華えまさん

宙組版で同じ役を演じた七海ひろきさんと似たスタイルでした。ワイルドでカッコよかったです。

ただ暁さんと二人で狂言回しの役割も担ってしまったので、ルイジ・ヴァンパとしての強烈なイメージがぼやけてしまったかも。。

これからどう自分自身をアピールしていくか…頑張ってほしいです。

  

今回、隣のお席が奥様のお伴で来られた初老の男性で、お芝居の途中からその方のため息が何度も聞こえてきました。

そして何度も座り直し「あ~、腰が痛い」と聞こえる独り言をつぶやかれ、ついにはスースーと寝息まで。。

も~、最悪!と思いましたが…いや、彼の気持ちになってみようと。

以下、大阪のおっちゃんの独り言です。

「なんか暗い舞台やな~!ず~っと暗い。話もいまいちようわからんし、説明してくれてるけど聞き取りにくいしな~!」

こんな感じでしょうか?

でも二幕のショーでは最初から最後まで手拍子も交えて、とても楽しそうに観ていらっしゃいました。

全国ツアー公演には、熱心なファンはもちろん馳せ参じますが、それほど予備知識のない地元の方も数多くいらっしゃいます。

最近の大劇場公演ではターゲットを絞った作品選びをしているようにも感じますが、老若男女、多くの方々が楽しめる作品選びは本当に難しいなと改めて実感した出来事でした。

お付き合いありがとうございました。
↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次