MENU
アーカイブ
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
ゆり
子供のころからファンだった宝塚歌劇
結婚や子育てで離れていましたが
2011年から観劇を再開しました。

夫が病で亡くなって一人暮らしとなり
宝塚歌劇に生きる活力をもらいながら
感動と心地よい暮らしを
積み重ねていくことが目標です。

何歳になっても元気に大劇場へ通うため
ピラティスや姿勢改善など
セルフケアにも取り組んでいます。

宙組多めの全組観劇派です。
PVアクセスランキング にほんブログ村

サヨナラ、究極の男役・真風涼帆

宙組公演『カジノ・ロワイヤル』の千秋楽ライブ中継を見てきました。

トップスター真風涼帆さんが男役でいる最後の日を、しっかり見届け脳裏に焼き付けてきましたので、

今の思いをお話ししたいと思います。

スポンサーリンク
目次

黒燕尾に感じた男役の矜持

大劇場の千秋楽ではタカラジェンヌの正装、黒紋付に緑の袴姿だった真風さん。

千秋楽後のインタビューで「緑の袴で初舞台を踏んだ宝塚では、そのときと同じ姿で…」と話されていました。

男役である前に「宝塚の生徒である」という真摯な気持ちが、真風さんらしくて素敵だなと思いました。

それと同時に、東京の千秋楽ではきっと黒燕尾だろうな、と強く思ったんです。

真風さんの舞台以外で見えてくる姿や聞こえてくる言葉には、誠実さと共に、

常に宝塚の男役としてのあるべき姿を意識していらっしゃると感じていたからです。

スポンサーリンク

   

その予想どおり、本当に素敵な黒燕尾姿で大階段を降りて来られたので、もうこの時点で感動してしまいました…!

大劇場でのブーケには真風さんのセンスを感じましたが、今回も本当に洗練されていて、

余計な装飾は一切無い本当にシンプルな白いバラのみの花束。

華麗に黒燕尾を着こなし白いバラを抱く姿は、まさに完璧な男役の完成形で、

真風さんの男役としての矜持をひしひしと感じました。

そして私たちが記憶にとどめる男役最後の姿に、黒燕尾を選んでくれた真風さんのセンスが、

やっぱり大好きな真風さんだと再認識して感謝と愛おしい気持ちでいっぱいになりました。

スポンサーリンク

サヨナラショー後は涙腺崩壊

前回のブログでお話ししたように、大千秋楽は明るくお見送りしようと思っていたのです。

サヨナラショーを見終わるまでは、冷静でいられました。

ですが、退団者を紹介する松風輝さんの、瞳が真っ赤にうるんでいるお顔がアップで映ってからはもうだめでした。。

真風さんと同期の松風さんには、音楽学校の頃からのいろいろな思いがあってのことでしょう。

その後の芹香さんが、涙ながらに「常に前にいて背中を追いかけていたその姿がなくなるのは信じられなくて…」と話されるのを聞きながら、

宝塚観劇を再開した2011年の星組公演『ノバ・ボサ・ノバ』で真風さんに心惹かれて以来の様々な思い出がよみがえってきて、

改めて、明日から真風さんはもう宝塚にはいないのだという思いで、涙腺が崩壊してしまいました。。

スポンサーリンク

印象的な寿つかささんへの言葉

大千秋楽の当日がお誕生日だった宙組組長、寿つかささん。

寿さんをたたえる真風さんの言葉が印象的でした。

「最高のセンスとカッコよさ。そして常にユーモアも忘れない。最高のエンターテイナー、スッシーさん。

それでいて普段は誰よりも謙虚でいらして、もう舞台人としても人としても尊敬できる、

みんなの自慢の組長、スッシーさん。

責任あるお立場を15年間という長きにわたり務め、みんなを率いてくださいましたスッシーさんに

感謝を伝えたいのは私だけではないと思います…」

スポンサーリンク

  

真風さんが音楽学校の頃に寿さんにあこがれ、初舞台の宙組では寿さんのお手伝いをされたと聞いたことがあります。

宝塚の男役としてのあるべき姿を寿さんに感じて、これまで精進してこられたからこそ今の真風さんがあり、

きっと今の宙組の下級生たちも、かつての真風さんと同じような思いで真風さんを見ているはずです。

そんな思いが脈々と続いていく、それが「宝塚」の素晴らしさなんだと強く思いました。

スポンサーリンク

  

いろいろな思いが交錯して結局涙してしまいましたが、最後はやっぱり潤花さんが明るい気持ちにしてくれました!

微笑ましいお二人のやり取りを見ていて、短い期間でしたが本当に「濃い時間」で、

記憶に残る素敵なトップコンビになったのは確かですね。

宙組トップスターとなられてからはもちろんですが、もっと言えば星組時代から、

「明日への活力」と「幸せな気持ち」を与えてくれた真風さんは唯一無二の存在でした。

言葉では言い表せないほどの深い感謝の気持ちとともに、

これからの真風さんが、たくさんの幸せに包まれることを、心の底から願っています。

お付き合いありがとうございました。
↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次