MENU
アーカイブ
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
ゆり
子供のころからファンだった宝塚歌劇
結婚や子育てで離れていましたが
2011年から観劇を再開しました。

夫が病で亡くなって一人暮らしとなり
宝塚歌劇に生きる活力をもらいながら
感動と心地よい暮らしを
積み重ねていくことが目標です。

何歳になっても元気に大劇場へ通うため
ピラティスや姿勢改善など
セルフケアにも取り組んでいます。

宙組多めの全組観劇派です。
PVアクセスランキング にほんブログ村

【感想】配信『うたかたの恋』

配信で花組公演『うたかたの恋』を視聴しました。

感想としては、柚香さんの麗しさを大劇場で観られなかったことが本当に残念…ということにつきます。

今更感もありますが、せっかくなので感想をお話ししたいと思います!

スポンサーリンク
目次

宝塚の様式美

どうしてお正月から心中の話なんて暗い題材を選んだのだろう…と思っていましたが、

幕開けの瞬間から、これは宝塚の「様式美」なのだと妙に納得しました。

優雅に流れる音楽に美しいコスチューム、エレガントな動き。

軍服を端正に着こなす柚香さんが目に入ったとたん、

「もうこれで満足~!」という思いが…

リアルな軍服はごめんですが、コスチュームとしての男役の軍服姿は本当に素敵です。

伝統的宝塚のエッセンスを盛り込んだ「これぞ宝塚!」をお正月から楽しんでねということですね。

宝塚で何度も再演された柴田先生の名作『うたかたの恋』。

最近、別箱で柴田先生の作品が多く再演されていますが、観劇するたびに、

もう少し現代の感覚に通じるよう改変してもいいのでは…と感じていました。

小柳先生の演出で『うたかたの恋』はどうなるか興味津々でしたが、

別箱再演作品で感じた「時代の違いから来る認識のズレ感」のようなものは感じることはありませんでした。

クラシックな作品を愛でるという気持ちで観ることができ、

ここ最近花組で再演された柴田作品の中では一番良かったです!

スポンサーリンク

麗しく繊細な柚香ルドルフ

柚香さんの演技には、現実への絶望感や虚無感といったものがとても感じられ、

心の動きがとても繊細に表現されていました。

妻がいながら十代の女性を愛してしまう勝手な男性なのですが、

ルドルフの心の空虚さが甚大で、それも致し方ないと思わせる演技と佇まい。

どの軍服も素敵に着こなしていましたが、特に酒場で酔って着崩れている軍服姿が色気があって魅力的でした。

二次元物の再現率の高さに定評のある柚香さんですが、

宝塚の名作再演で男役の麗しさを立派に表現していて、柚香さんの代表作になると感じました。

スポンサーリンク

大人になりすぎた星風マリー

宙組時代の星風さんは、ひたむきで健気、

頑張って背伸びして真風さんについて行くというイメージが強かったですがですが、

最近の星風さんは、積み上げたキャリアから来る年相応の女性らしさが出てきて、

以前と同じように可愛い星風さんなのですが、さらに艶やかさが出てきたというか…

『黒い瞳』のマーシャを演じた頃の星風さんのマリーが見たかったです。。

実力も確かですし、マリーは星風さんにぴったりだと強く思っていただけに、

思い描いていたマリー像とは全然違うように感じました。

「清純で可憐」を役として作り込むのは、難しいですね。

スポンサーリンク

   

物語の全体を通して、水美さんと永久輝さんの存在が、柚香さんの焦燥感をより際立たせている感じでした。

水美さんはとても落ち着いた印象で、そのせいで柚香さんの不安定感をより感じました。

永久輝さんはやはり男役がカッコいいですね。軍服姿が素敵でした。

全体的に主要キャスト中心の展開なので、下級生の活躍は見えにくかったです。

柚香さんがひたすら美しく、麗しく苦悩する表情を愛でて、

宝塚らしい優雅な世界にひととき身を置けたという感じでした。

お付き合いありがとうございました。
↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次