MENU
アーカイブ
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
ゆり
子供のころからファンだった宝塚歌劇
結婚や子育てで離れていましたが
2011年から観劇を再開しました。

夫が病で亡くなって一人暮らしとなり
宝塚歌劇に生きる活力をもらいながら
感動と心地よい暮らしを
積み重ねていくことが目標です。

何歳になっても元気に大劇場へ通うため
ピラティスや姿勢改善など
セルフケアにも取り組んでいます。

宙組多めの全組観劇派です。
PVアクセスランキング にほんブログ村

宝塚への思いと今後の観劇

花組公演が無事に大千秋楽を迎え、そして博多座では星組公演が始まり…

宝塚のスケジュールは通常に戻ってきているようですが、気持ちの整理がつかずブログが停滞していました。

そんなところに、さらに追い打ちをかける宙組に関する文春報道。

いろいろな思いが交錯するのですが、改めて宝塚に対する思いをお話ししたいと思います。

とりとめのない内容ですが、よろしければお付き合いください。

スポンサーリンク
目次

宝塚への思い

演出家の野口先生が「宝塚は夢を見て、現実逃避するところ」とおっしゃっていましたが、

私にとって宝塚は、正にそのとおりのものでした。

本当につらいとき、宝塚の舞台を観ることで現実から逃避し、夢を見て、

観劇を繰り返すうちに舞台からエネルギーをもらい、少しずつ元気になり、

新しい一歩を踏み出そうという気持ちになることができました。

全組を観ますが、中でも宙組は私にとって一番観劇回数の多い特別な組だったのに、

そんな宙組で大変なことが起こってしまい…

起こってしまった事実は本当に悲しいことですが、

それについて多くの方々の意見を目にするのも、またとてもつらいことでした。

不確かな内容しか見えない私たち第三者が、糾弾したり断罪するものではないのに…

スポンサーリンク

  

舞台を作り上げるための宙組生たちの努力をいつも感じていましたし、

その舞台から夢や感動、エネルギーをもらっていました。

そんな宙組生たちのスキャンダルが出たことによって、

私のこれまでの感動はなくなってしまうのか?と考えましたが、決してそんなことはありませんでした。

先日、木場理事長の記者会見があり、宙組生たちの心のケアを含め、いくつかの対策が発表されましたが、

それらの対策がうまく機能すればいいと、本当に心から思います。

大切な仲間を失うことで受けた心の傷の大きさは計り知れません。

今の状況では以前と同じようなパフォーマンスはできないという生徒さんも多くいるでしょう。

ですがその一方で、生徒さんたちにとって舞台は生きがいを昇華させる場のはずです。

その舞台に立てないことは、また新たなストレスを生んでいると思います。

スポンサーリンク

 

私たちに見えているのは物事の一部にしか過ぎず、全容を知ることはできません。

起こってしまった事実や報道についての印象は人によって違いますし、対応も人それぞれでしょう。

関係者に至っても、真相を完全に究明するのは不可能だと思います。

お亡くなりになった方の言葉はもう聞くことができないのですから…

けれども劇団が、第三者機関を含めて真相究明の姿勢を示してくれたことは評価したいです。

どこまでしっかり究明してくれるかは未知数ですが…それでも劇団内で片付けるよりはよかったと思います。

また、今まで上級生から下級生に伝えられることによって、当たり前のように受け継がれてきた宝塚の芸ですが、

そのやり方も時代に合わせて変更していかなければならないのではないか。

その点についても検証してくれるよう劇団に期待したいです。

スポンサーリンク

  

今のところ宙組の大劇場公演『パガド』は22日までの中止が発表されていますが、

舞台に立つのが無理な人がいれば、代役を立てて幕を開けるのが劇団としての在り方とも思います。

割り切って楽しむことは難しいかもしれませんが…。

ただ私は、宙組の公演が再開されれば観劇するでしょうし、やはり宙組を応援していきたいと思っています。

スポンサーリンク

今後の観劇

昨年は、友会で一回も当選することのなかったバウホール公演が、今年は今のところ3回も当選。

その3回目の公演チケットが、来週の水曜日から始まる星組公演『My Last Joke』です。

3回も当選したのは、神様からの「今後も観続けなさいよ」というメッセージと解釈することにしました。

星組のお正月公演『RRR』のポスターも発表されましたね。

暁千星さんの写真の大きさに驚きましたが、

何より全体から迫ってくる激しさとワイルド感に圧倒されました。

スポンサーリンク

  

長い歴史のある宝塚ですが、新しいことに挑戦し続ける姿勢を感じるので、

作品だけでなく体制や運営を含め、

今後もより良く発展し続けると信じて、客席から応援を続けたいと思います。

お付き合いありがとうございました。
↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次