MENU
アーカイブ
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
ゆり
子供のころからファンだった宝塚歌劇
結婚や子育てで離れていましたが
2011年から観劇を再開しました。

夫が病で亡くなって一人暮らしとなり
宝塚歌劇に生きる活力をもらいながら
感動と心地よい暮らしを
積み重ねていくことが目標です。

何歳になっても元気に大劇場へ通うため
ピラティスや姿勢改善など
セルフケアにも取り組んでいます。

宙組多めの全組観劇派です。
PVアクセスランキング にほんブログ村

次期宙組トップ娘役は誰??天彩さんに期待しています!

先日退団発表のあった真風さんと潤花さん。退団会見でのお二人の表情は本当に清々しかったですね。

潔く真風さんと退団することを選んだ潤花さんのお気持ちも聞けて、改めてお二人がご卒業されるまで一瞬一瞬を大切に観劇していこうと思いました。

おそらく潤花さんは継続かと思われていたところでの退団発表でしたが、次の宙組トップ娘役は誰になるのでしょうか。

スポンサーリンク
目次

トップ娘役候補5名

次期宙組トップ娘役の可能性があるのは、次の5名かなと思っています。

次期トップは芹香さん前提で考えます。(もちろんそうでしょう!)

星空美咲さん(花組)

劇団の猛プッシュでカードを揃えている印象の星空さん。

確かに実力もあり『銀ちゃんの恋』の水原小夏役での舞台度胸には驚かせられました。

小さいお顔に素晴らしい頭身バランスですから、芹香さんとの並びも素敵で、長身揃いの宙組をより華やかに魅せてくれるでしょう。

きよら羽龍さん(月組)

先日の月組新人公演『グレート・ギャツビー』では安定した実力を感じました。

でも完全に個人的意見ですが…全体的な雰囲気が芹香さんとは合わない気がします。

月組トップ娘役の海乃美月さんは、次回公演のタイトルやカレンダー掲載月などから退団フラグが立っているので、海乃さんの後任で月組トップ娘役に就任される可能性が高いのではないでしょうか。

春乃さくらさん(宙組)

『Hotel Svizra House』あたりから目立ち始め、『NEVER SAY GOODBYE』の新公でヒロインを務めた頃には、歌声が本当に美しく素敵な娘役さんということで広く認知されたと思います。

トップ娘役としてのカードは足りていないと思いますが、トップ娘役の歌が素晴らしいと観劇満足度が高まるので期待大ですし、芹香さんとの並びもよさそうです。

ただ宙組内では、どちらかというと山吹ひばりさんの方が推されている印象を受けます。。

スポンサーリンク

山吹ひばりさん(宙組)

大型コラボである今回のハイロー新人公演でもヒロインに抜擢されていて、劇団の強い期待度が感じられます。

年明けに予定されている鷹翔千空さんのバウ主演公演『夢現(ゆめうつつ)の先に』でも、おそらく山吹さんがヒロインとなりそうで、タイミング的にも次期トップ娘役の可能性は高そうです。

彼女は声に特徴があるので、最初はどうかな…と思っていたのですが、最近は慣れて気にならなくなってきました。

でも山吹さんは、芹香さんより桜木さんとの相性がいいように思いますが…どうでしょうか?

宙組全国ツアー『バロンの末裔』での桜木さんと山吹さんのカップルは、すごくお似合いで可愛く微笑ましかったので、とても印象に残っています。

天彩峰里さん(宙組)

私は天彩峰里さんが次期宙組トップ娘役だと期待しています。

実力も華も十分で、『群盗』で東上初ヒロイン、『夢千鳥』でバウホール公演でヒロイン、『プロミセス・プロミセス』で東上ヒロインと、次々トップ娘役のためのカードを積み重ねてきました。

芹香さんとの並びや相性がとても良いのは確認済みで、同じ関西出身でもある天彩さんを次期トップ娘役にと押す声が多いのも納得です。

スポンサーリンク

   

私が天彩さんを初めて知ったのは、2015年に発売された真風さんのパーソナルブックでのガールフレンド役でした。

スカイステージでその撮影の様子を放送していたのですが、可憐であどけない美少女!という感じで、クラス中の男子全員が好きになってしまうような可愛さでした。

天彩さんは2017年の『ベルリン・わが愛』まで星組で、その後宙組へ組替えになります。

『ベルリン・わが愛』千秋楽後の組替えのご挨拶は予想外にずいぶんしっかりしていて…可愛いだけでなく強い信念を持った方という印象が上書きされました。

宙組へ組替え後の大劇場第一作は、2018年の『天は赤い河のほとり』。同期である星風まどかさんのトップ娘役のお披露目公演でした。

劇団からの同期トップ娘役を支えてほしいという意向があったのかもしれませんが、その公演の新人公演で初ヒロイン。

その後は、お歌はもちろんですが、お芝居でも『アナスタシア』の幼く可愛い少女役から『夢千鳥』の難しい大人の女性役まで、その実力にどんどん磨きがかかっていきました。

順当に行けばトップ娘役になって当然のキャリアですよね。

ところがスライド人事で空いたポストに入ったのは、組替えでやって来た2期下の潤花さん。。

『NEVER SAY GOODBYE』で天彩さんが銀橋で真風さんに「あの人の方が私よりいいの!?」と歌う場面があったのですが、私は勝手に天彩さんの胸中を思ってしまい、より切なく感じてしまいました。。

今回の『HiGH&LOW』では苺美瑠狂の総長、『Capricciosa!!』では歌唱ソロシーンがとても目立っています。

それはもう目立ち過ぎると言ってもいいくらいでした。。

そんなところから、「次はトップになるから?」と思ったり「もしかして次でご卒業?」と思ったり…

これまでの経緯から天彩さんのお気持ちを思ったら、ご卒業ではなく次期トップ娘役として輝かれる未来であってほしいと願っています!

スポンサーリンク

トップ娘役と組替え

潤花さんが退団会見で「真風さんが私の居場所を作ってくださった」と涙を堪えるように話していました。

いつもカラッとした陽気なイメージの潤花さんですが、やはり下級生の学年で慣れない新しい組でトップに立つというのは、私たちが想像する以上に大変なのでしょうね。

迎える側の組子の感情が複雑な場合もあるでしょう…

組替えによって、真風さんと潤花さんのようにお互いの魅力をより高め合う組み合わせが生まれることもあるので、一概に組替えを否定することはできませんが、

次の宙組トップ娘役については、宙組から選ばれた方が良いと思います。宙組に候補がいないわけではないですし、宙娘たちの士気も高まるでしょう。

劇団はどういう判断をするのでしょうか…。今後の展開を見守りたいと思います!

お付き合いありがとうございました。
↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次