MENU
アーカイブ
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
ゆり
子供のころからファンだった宝塚歌劇
結婚や子育てで離れていましたが
2011年から観劇を再開しました。

夫が病で亡くなって一人暮らしとなり
宝塚歌劇に生きる活力をもらいながら
感動と心地よい暮らしを
積み重ねていくことが目標です。

何歳になっても元気に大劇場へ通うため
ピラティスや姿勢改善など
セルフケアにも取り組んでいます。

宙組多めの全組観劇派です。
PVアクセスランキング にほんブログ村

【感想】配信『ME AND MY GIRL』

宙組『PAGAD』を観劇予定だった昨日、配信で星組博多座公演『ME AND MY GIRL』を視聴しました。

この公演では主役のビル役とジョン卿役で、水美舞斗さんと暁千星さんによる役替わりが行われていますが、

視聴したのは暁さんがビル役、水美さんがジョン卿役のパターンです。

幕が開く前にテーマソングが流れてくるだけで心がウキウキしてきて、

やっぱり舞台っていいな、生で観劇したかったな…と心底思いました。

スポンサーリンク
目次

全体の感想

他愛もないと言っては申し訳ないのですが、とてもシンプルなストーリーなので、

老若男女が楽しめる明るく微笑ましい作品です。

宝塚にとって試練のときである今、こんな作品を観劇できる幸せをかみしめました。。

聞き覚えのある陽気なナンバーが次々流れてきて、客席降りもあり、

劇場全体が熱く盛り上がっている様子が、画面越しにもしっかり伝わってきました。

当初の予定では、礼真琴さんが主役のビルを演じる予定だったと思われますが、

礼さんの不在を感じさせない水美舞斗さんや星組生たちの活躍ぶりは本当に見事の一言。

宝塚の底力と層の厚さはすごい…!と改めて感心してしまいました。

フィナーレもあり、宝塚らしさもしっかり感じられて、満足感いっぱいの配信視聴でした!

スポンサーリンク

キャスト別の感想

暁千星(ビル)

暁さんは、もう水を得た魚のようでした。

青年ビルのカッコよさと軽妙さのバランスが絶妙で、本当に素晴らしかったです。

『ブエノスアイレスの風』でニヒルな役を経験したことで、男役としての深みがぐっと増したので、

軽々しい演技をしていても軽薄な印象にならず、

本当に素敵な男役さんになられたな…と勝手に感動してしまいました。

長身で長い手足が際立つダンスは舞空さんとのバランスも良く、とても美しかったです!

スポンサーリンク

水美舞斗(ジョン・トレメイン卿)

スーッと通った鼻筋に鬚がとてもお似合いで、貴族らしい風貌はもうばっちり。

水美さんのイケおじな役どころは、もう間違いない感じですよね。

あまりにもはまり過ぎていて、役替わりでのビルが想像できないです。。

水美さんがビルを演じられる配信も見たかったのですが、都合で見られないので本当に残念です!

舞空瞳(サリー・スミス)

伸び伸びと演じられていて、見ていて気持ちが良かったです。

舞空さんの個性にぴったりのサリー役でした。

下町娘らしい演技のときも、下品にならず可愛くて魅力的。

舞空さんの魅力は、とても愛くるしいお顔立ちなのにスタイル抜群なところだと思います。

デュエットダンスの前に少しソロで踊る場面があったのですが、

娘役のイメージを越える長い手足で優雅に踊る姿は、まるでトップスターのようにも見えるほど。

礼さんのいない穴をしっかり埋めていてスゴイな…!と感心させられました。

スポンサーリンク

ひろ香祐(セドリック・パーチェスター)

ひろ香さんは星組にとって、本当に強い戦力ですよね。

素晴らしい歌唱力で舞台を引き締めつつ、コミカルな演技もお手のもの。

ひろ香さんのような存在が、星組の舞台をより魅力的にしていると思います。

天華えま(ジェラルド・ボリングボーク)

幕開きの寝ぐせヘアが印象的。ちょっと頼りない貴族の坊ちゃん感がよく出ていました。

極美慎さん演じる強気な婚約者のジャッキーに圧倒されっぱなしの様子が微笑ましくて。

極美さんと役替わりで、天華さんのジャッキーも見てみたいと思いました。

スポンサーリンク

極美慎(ジャッキー)

最初の登場からピンクのドレス姿で、美しいお嬢様感満載でびっくりしました。

今回は最後まで女役で通していて、圧倒的な長身スレンダー美女!

男役の中でも長身の極美さんですが、決してゴツイ印象にならず、

打算的な性格をのぞかせつつも可愛らしさを失わない

そのバランスが絶妙で、とても魅力的な女性になっていました。

小桜ほのか(ディーン・マリア侯爵夫人)

最初に登場したとき、白妙なつさんかと思いました(褒めてます!)。

落ち着いた貫禄ある侯爵夫人を見事に演じていました。

お芝居の声もいつもより低めで、抑制された演技。

美しい歌声が印象的な小桜さんですが、役の幅が広がって今後が益々楽しみです。

スポンサーリンク

   

大劇場での公演が止まっていて、大劇場周辺は寂しい雰囲気になっています。

今は仕方ないことだと思いますが、今日の配信を視聴して、

以前のような日常が早く戻ってほしいという思いが、さらに強くなりました。

お付き合いありがとうございました。
↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次