MENU
アーカイブ
2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
ゆり
子供のころからファンだった宝塚歌劇
結婚や子育てで離れていましたが
2011年から観劇を再開しました。

夫が病で亡くなって一人暮らしとなり
宝塚歌劇に生きる活力をもらいながら
感動と心地よい暮らしを
積み重ねていくことが目標です。

何歳になっても元気に大劇場へ通うため
ピラティスや姿勢改善など
セルフケアにも取り組んでいます。

宙組多めの全組観劇派です。
PVアクセスランキング にほんブログ村

春乃さくらの偉大さ【感想】『Le Grand Escalier 』配信

宙組再スタートの公演『Le Grand Escalier』。

生観劇は叶いませんでしたが、配信を視聴しましたので感想をお話しします。

スポンサーリンク
目次

ショー全体と芹香斗亜の印象

今回の公演はショーのみの一本立てで、過去の宝塚の名曲を綴るという

まるでタカスペを観ているような内容。

実際に劇場で観ていれば、次々と出てくる懐かしい曲に自然と脳内で口ずさみ、

久しぶりの宙組生たちのパフォーマンスに胸が熱くなったことでしょう。

ただ、配信だとカメラアングルで視野が限られているので、

全体を通して大人数の宙組生たちが代わる代わる出てきて

ひたすら歌い踊る場面の連続、という印象でした。

さらに、明るく賑やかにしたいという意図からか、盛り上がるシーンばかりの連続だった気が。

もう少し緩急をつけてもよかったのでは?

などと思いましたが、この状況で一体どんな舞台を展開すればよかったのか…

いろいろ考えてみましたが、やはり今回の形で正解なのだと思いました。

スポンサーリンク

   

芹香斗亜さんの表情には公演の再開を喜ぶ感情は全く見られず、

笑顔であっても心の苦悩がにじみ出ていて、

トップとして組子をまとめなければならない重責や

世間の批判的な声に必死で耐えているように見えました。

それでも、先日スカステで放送されていた終演後インタビューでは

今回の配信よりもさらに表情が硬かった気がしていたので、

無事に千秋楽を迎えられて少し安心されたのかもしれません。

最後のご挨拶で涙されていたのがとても印象的でした。

スポンサーリンク

路線男役の輝きと洗練度がアップ

以前から宙組の路線男役は渋滞中と言われていましたが、

観客からすれば目が嬉しいこと、この上ない!

今回驚いたのは、特に路線男役さんたちが、休演前よりも明らかに輝きと洗練度が増していたことです。

大変なときにも精進を怠らなかったことがはっきりと伝わってきました。

中でも特に輝きと洗練度が上がったと感じたのが、瑠風輝さんと風色日向さん。

瑠風さんは立ち姿がさらに美しくなり、以前にも増して強い芯が通ったような感じでした。

今回3番手羽を背負ったこともあり、近々組み替えされるのでは…?

風色さんは、男役としては可愛らしさがまだ強いかな?と思っていたのですが、

今回のショーでは、包容力ある系の素敵な男役さんに大幅に進化されていて本当に驚きました!

これまでに感じていた可愛らしさは影を潜め、大人っぽさが感じられる男役になられていて、

瑠風さん同様、強い芯が通ったというか、覚悟のようなものが感じられました。

次回はバウホール公演『MY BLUE HEAVEN―わたしのあおぞら―』の主演が決まっていますが、

こんな進化を見せてくれたタイミングでの主演なんて楽しみすぎます!

スポンサーリンク

   

そして2番手の桜木みなとさん。

何とかこの公演を盛り上げたいという強い意志を感じて、心から応援したくなりました。

一時期、心労が重なっているように見えて心配だったのですが、

今回はとてもお元気そうになっていて、持ち前の華やかさやカッコ良さが前面に押し出されていて本当に素敵でした…!

桜木さんはその立場上、苦労もたくさんあったと思います。

芹香さんの任期の話どうこうではなく、単純にもうずんちゃんを早くトップにしてあげてー!と思ってしまいました。

スポンサーリンク

春乃さくらの偉大さ

その路線男役さんたちの活躍よりもさらに印象的だったのは、トップ娘役の春乃さくらさんでした。

今回のショーは娘役さんをピックアップする場面が少なかったように思います。

そのせいか、トップ娘役である春乃さくらさんの存在感がかなり際立っていました。

春乃さんが相手役を務める芹香さんは、いろいろ経た上での公演再開にかなり不安を感じているだろうし、

宙組生全員がナーバスになっても不思議ではない状況ですよね。

それなのに春乃さんの表情は終始、もうあっけに取られるほど心の底から明るく、陽気でからっとしていて、

その表情に深刻さは微塵も感じられませんでした。

あんな事件があった組のトップ娘役で、ましてお亡くなりになった彼女とは1期違いなのに…

あそこまで本当に何事もなかったかのようにキラキラと演じられて、

かつそれが全く嫌味でないところに、春乃さんの偉大さを感じて、もはや感動してしまいました。

スポンサーリンク

以前スカステの番組で、瑠風さんが春乃さんのことを天然とおっしゃっていましたが、今回妙にその発言に納得感が。。

でも芹香さんとの距離感が絶妙なところを見ると、天然を演じているだけのような気がしなくもなかったり。

どちらにせよ、今の宙組にとっては頼りになる素敵なトップ娘役さんであることがよく分かりました。

天使のような歌唱力のおかげで、棚ぼた的にトップ娘役になれたようなことも言われたりしていましたが、

やはりトップ娘役になる器だったんですね…!

スポンサーリンク

   

今回は多くの男役にソロ歌唱の場面が与えられていましたが、

その全員が驚くほどしっかり歌えていて、宙組の層の厚さを感じました。

これからの宙組も、期待して見守っていきたいと思います。

お付き合いありがとうございました。
↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次