MENU
アーカイブ
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
ゆり
子供のころからファンだった宝塚歌劇
結婚や子育てで離れていましたが
2011年から観劇を再開しました。

夫が病で亡くなって一人暮らしとなり
宝塚歌劇に生きる活力をもらいながら
感動と心地よい暮らしを
積み重ねていくことが目標です。

何歳になっても元気に大劇場へ通うため
ピラティスや姿勢改善など
セルフケアにも取り組んでいます。

宙組多めの全組観劇派です。
PVアクセスランキング にほんブログ村

【感想】宙組千秋楽『HiGH&LOW』『Capricciosa!!』

宙組千秋楽おめでとうございます!

真風さんがご挨拶でおっしゃっていたように、この状況下で千秋楽まで完走できたのは奇跡でしたね。

宙組やスタッフの皆さんが、日々いかに大変なお気持ちで舞台を続けてこられたか…真風さんの安堵の表情から伝わってきました。

幸せなことに千秋楽を観劇できたので、感じたことをお伝えします。

スポンサーリンク
目次

宙組の充実ぶりを実感

何度か観劇したのですが、観るたびに宙組生たちのボルテージが上がっていくのを感じました。

『HiGH&LOW』のたくさんある闘争場面は、初日近くは緊張感と振り付け通りに、という硬さがあるようでしたが、

回を重ねるごとに身体がのびのびと自然に動くようになり、千秋楽にはもう本物の乱闘シーンのようで!

でも美しさを感じられるという…宝塚って本当にすごいですよね。。

真風さんは抑制の効いたお芝居により深みが加わって、一言一言のセリフに迫力が増していた一方、

芹香さん、瑠風さん、鷹翔さん、留依さんは日に日に凄みが増していくようでした。

桜木さんはお芝居では病弱で繊細なイメージなので、その分を取り返すかのようにショーではいつも元気いっぱいで、笑顔がはじけていましたね!

お芝居、ショーともに皆さん安定の歌唱力で、もちろんコーラスも素晴らしく、本当に今の宙組の充実ぶりを実感した公演でした。

今後、東京に向けてさらにブラッシュアップされ、どう変化していくかとても楽しみです。

スポンサーリンク

退団者について

この公演で退団されるのは、留依蒔世さん、希峰かなたさん、琥南まことさん、惟吹優羽さん、花城さあやさんの5名です。

中でも留依さんは存在感のある男役さんで、伸びのある力強い声にはいつも心を打たれました。

『Capricciosa!!』では銀橋で「ミケランジェロ~」と歌うところがお上手すぎて、毎回必ず客席がざわついていたほどです!

千秋楽ではその場面で客席から温かい拍手があり、場面終わりでも長い拍手が続いていました。

終演後の退団者のご挨拶でも、留依さんはとにかく熱くいい声で「私の青春は終わりました!」とお話しされていたので、

微笑ましさが大きくなったのか、後ろの真風さんや芹香さんがすごく笑っていて…

いつもの退団ご挨拶の雰囲気とは全然違っていたところに、改めて留依さんの素敵なお人柄と実力を感じることとなりました。

まだ東京公演がありますが、思い出多い宝塚では最後の日。

退団される方々には様々な思いがよぎったことでしょう。

東京公演でも、退団者の方々が幸せに満ちた充実した日々を重ねられるよう願っています。

スポンサーリンク

ハイローの疾走感

『HiGH&LOW』は宝塚とは正反対の世界観で、宝塚史上最高にガラの悪い人たちがたくさん出てくる作品です。

いつも「品」忘れないように心掛けている生徒さんたちの舞台を見慣れているので戸惑いはありましたが、

それ以上に今までの宝塚では経験できなかった迫力ある音楽やリズムを体感できたのは本当に良かったです。

疾走感あるこの感覚は、ライブでこそ!

映画館でのライブ中継だとまだいいのですが、家での配信視聴だとどうしても家庭内適正音量になりがちです。

ハイローのような作品は、家ではイヤホンで視聴するのもいいかもしれませんね!

配信でも、この疾走感あふれるワクワクする感じが伝わっていれば嬉しいです。

  

東京でも無事にすべての公演が行われるよう、心から願っています。

そして先にはなりますが、東京公演の新人公演と千秋楽配信を楽しみに待ちたいと思います!

お付き合いありがとうございました。
↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次