MENU
アーカイブ
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
ゆり
子供のころからファンだった宝塚歌劇
結婚や子育てで離れていましたが
2011年から観劇を再開しました。

夫が病で亡くなって一人暮らしとなり
宝塚歌劇に生きる活力をもらいながら
感動と心地よい暮らしを
積み重ねていくことが目標です。

何歳になっても元気に大劇場へ通うため
ピラティスや姿勢改善など
セルフケアにも取り組んでいます。

宙組多めの全組観劇派です。
PVアクセスランキング にほんブログ村

【感想】配信『HiGH&LOW』新人公演

宙組新人公演『HiGH&LOW』のライブ配信を視聴しました。

宝塚、東京とも新人公演ができて本当によかったですね。

思いつくままに、感想をお伝えします!

本当に多くの生徒さんに見どころが多くて、個人の感想が多くなってしまいましたが、よろしければお付き合いください。

スポンサーリンク
目次

全体の感想

今回の新人公演は、その若さが原作の雰囲気にマッチしていて、本公演とは別にとても新鮮なものとして楽しむことができました。

新人公演では本役さんをお手本とするあまり、その演技をコピーしたようになることが多いですが、

今回は本役さんの演技を踏襲しながらも、工夫した自分らしさが出せていた方が多かった印象です。

全体的には新人公演としては十分なほど充実していて、とても見ごたえのある内容でした。

その一方で、改めて本役さんたちの演技の深め方や存在感を実感することにもなりました。

これまでの宝塚とは大きく異なる世界観を、あれほど違和感なく迫力をもって表現できていたのは、

やはり本役さんそれぞれの演技力や自己プロデュース力があってのものなんだな、と。

例えば、今作の象徴のようなケンカシーンなどは、新人公演ではまだまだ野郎感が足りなかったような…

スポンサーリンク

個人の感想

亜音有星さん

持って生まれた華があり、真ん中が似合いますね!

原作のコブラと年齢的に近いせいか、等身大の若者感が出ていて、特に前半は真風さんとは違ったコブラ像でした。

例えば、カナとバイクに乗る場面。

亜音さんの表情は、病身のカナを気遣いながら街を案内するというよりは、

同級生女子とのバイクデートが楽しくて仕方ない!みたいな感じでした。

いかにもこの年頃の男子らしいといえばそうなのですが、コブラはこれでいいのか…?という思いが。。

それでもお話が進むにしたがって表情が引き締まってきて、後半はしっかり街を守るコブラでした。

お歌は発展途上かもしれませんが、その場を引っ張て行く力はしっかりついてきているので、今後がとても楽しみです。

山吹ひばりさん

元々お美しい顔立ちの方ですが、今回その美人度がさらにアップしたように感じました!

スレンダーな体型は、病弱で儚げなヒロインにぴったりで。

よく言われる声質についても、今回はそれほど気になりませんでした。

今後も声の出し方など意識して変えていくようにすれば、問題ないのではないでしょうか。

品のある美しいヒロインとして、クラシカルな演目での山吹さんを観てみたくなりました。

スポンサーリンク

風色日向さん

長の期としての安定感と落ち着きを感じさせてくれました。

「俺たちの城が…!」のセリフには、もう少し凄みがほしかったですが、

芹香さんがみせてくれたような静かな怖さを表現するのは、やはり長年の経験が必要なのでしょうね。

それでもROCKYとしての存在感は大きく、全体を通してかなり目立っている印象でした。

今回は本公演でも男役としての大きな進化を感じますし、

中堅男役スターとして、今後しっかり組を引っ張ってくれそうです。

大路りせさん

短い出番の中でも、しっかりスモーキーとして印象に残りました。

本役の桜木さんのスモーキーとは、少し違う役作りをされたのでしょうか?

触れるとピリピリするような繊細さは似ている気がしたのですが、大路さんはより芯の太さを感じさせるというか。

難しそうなお歌もしっかり歌えていると思いましたが、改めて桜木さんの歌唱力を思い知らされました。

泉堂成さん

本公演のメイナンツーで観客の目を引き付けている泉堂さん。

強面の日向紀久でどうなるのかとちょっと心配でしたが、

研4でこれだけの色気と迫力が出せるのは、今後が楽しみでしかありません!

スポンサーリンク

真白悠希さん

今回のMVPをあげたいくらい、お芝居もお歌も本当に素晴らしかったです!

特に目の動かし方が絶妙で感心してしまいました。

もう新人公演の枠を超えてきている気がします。

奈央麗斗さん

研2ながら堂々とした立ち姿でした。

抜擢続きで、今後がどうなるのか気になる美しい男役さんです。

春乃さくらさん

可憐な娘役さんなので、苺美瑠狂の総長としての迫力と包容力を出すのは難しかったかもしれませんね。

細かいのですが、パーティーに行けなくなった明日香にかける「行きたかったんじゃねぇの?」の言い方を聞いて、

本役の天彩さんは、総長としてメンバーを気遣う包容力があふれていたな…と思ってしまいました。

スポンサーリンク

愛未サラさん

個人的にとても注目している娘役さんです!

底抜けに明るい笑顔と、娘役さんにしては高身長で可愛いのにカッコいい感じが特に素敵で、いつもオペラで追ってしまいます。

高身長だからこそチャイナドレスがとても似合っていて、苦邪組の悪のイメージの中でも迫力ある存在感が光っていました。

身長の高さから相手役を制限されるかもしれませんが、華やかでゴージャスな感じが出せる現代的な娘役さんとして、

今後どんどん活躍の場を広げ、新しい娘役像を作ってくれたらいいなとひそかに期待しています…!

  

全体を通して新人公演メンバーの熱意がひしひしと伝わってきて、本当に素晴らしい舞台でした。

本公演はまだ続きますが、宙組の皆さんが全力で駆け抜けられることを願っています!

お付き合いありがとうございました。
↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次