MENU
アーカイブ
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
ゆり
子供のころからファンだった宝塚歌劇
結婚や子育てで離れていましたが
2011年から観劇を再開しました。

夫が病で亡くなって一人暮らしとなり
宝塚歌劇に生きる活力をもらいながら
感動と心地よい暮らしを
積み重ねていくことが目標です。

何歳になっても元気に大劇場へ通うため
ピラティスや姿勢改善など
セルフケアにも取り組んでいます。

宙組多めの全組観劇派です。
PVアクセスランキング にほんブログ村

【感想】花組『鴛鴦歌合戦/GRAND MIRAGE!』初日映像

花組大劇場公演『鴛鴦歌合戦』『GRAND MIRAGE!』の初日が無事開幕しましたね。

スカイステージで初日映像を見ましたので、その印象をお話ししたいと思います。

スポンサーリンク
目次

気になっていた柚香さんの髪型

公演ポスターを見た時、柚香さんの浪人風の髪型が最初に目に入ってきて、珍しいなと思っていました。

和物のお芝居と言えば、青天でお侍さんか、江戸の町人、もしくは平安貴族だったり戦国武将だったり、みずらというのもありましたね。。

他にもいろいろあるかもしれませんが、浪人風で一つだけ思い浮かんだのは『長崎しぐれ坂』の轟悠さんでした。

でも今回のお話のイメージは『長崎しぐれ坂』とは違うようで。。

どんな柚香さんが見られるのだろう?と思っていたら、

今までに見たことのない柚香さんが新鮮で、やはりいつもと同様にカッコよく決まっていました!

スポンサーリンク

和物ショーのような雰囲気

『鴛鴦歌合戦』はオープニングから大階段が使われていて、

みなさん色鮮やかなお衣装で、まるで和物のショーのようでした。

戦前の和風オペレッタ映画が原作で、小柳先生がどんな演出をされるのかとても楽しみだったのですが、

ダイジェスト映像だけでも明るく楽しい雰囲気と軽妙さが感じられて、

最近の大劇場ではあまり観られないような作風だと思いました。

お春役の星風まどかさんは、町娘がとても似合っていて可愛かったです。

永久輝せあさんは骨董狂いの殿様ということで、渋い佇まいを想像していたのですが、

全然そんなことはなく、陽気で明るい殿様のようでした。

青天の聖乃あすかさんはいつもどおり美しく、武将姿の帆純まひろさんは本当に凛々しくて、

早く全貌を観たい思いが強まりました!

スポンサーリンク

安定のロマンチック・レビュー

『GRAND MIRAGE!』は岡田敬二先生のネオ・ロマンチック・レビュー。

斬新な演出や新しい音楽を取り入れたショーも好きですが、昔から慣れ親しんだロマンチック・レビューも大好きです。

オープニングは淡いパステルカラーの衣装で、一気にロマンチック・レビューの世界に!

その後は鮮やかな色合いの衣装でアップテンポになる場面もあり、

デュエットダンスは白いドレスの可憐な星風さんと白い燕尾服の柚香さんがもう本当に素敵で。。

フィナーレはまた淡いパステルカラーの衣装で、やっぱりロマンチック・レビュー!という印象で終わりました。

スポンサーリンク

  

断片的なシーンを見ただけですが、柚香さんをはじめとする花組生たちが生き生きとしていて、

花男・花娘としてプライドを持って舞台に立たれているようでした。

柚香さんの終演後のご挨拶では、岡田先生がレビューの中で大切にしているという「男役は雄々しく・凛々しく、娘役は可憐に美しく」

という言葉を引用され、「原点の立ち位置を改めて教えられたようで、心を洗われたような思いになり、この作品に挑戦できることを嬉しく思う」

とおっしゃていました。岡田先生のこの言葉は、レビューに限らず宝塚全般に通じる言葉ですよね。

お芝居もショーもベースはクラシックな感じですが、どのように今のテイストが取り入れられて素晴らしい作品になっているのか、

観劇できる日が本当に楽しみで待ちきれない気分です!

スポンサーリンク

客席降りの演出も復活し、コロナ前の状況に戻りつつあるようですが、まだまだ油断は出来ない状況です。

花組のみなさんが、健やかに千秋楽まで駆け抜けられることを心から願っています。

お付き合いありがとうございました。
↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次