MENU
アーカイブ
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
ゆり
子供のころからファンだった宝塚歌劇
結婚や子育てで離れていましたが
2011年から観劇を再開しました。

夫が病で亡くなって一人暮らしとなり
宝塚歌劇に生きる活力をもらいながら
感動と心地よい暮らしを
積み重ねていくことが目標です。

何歳になっても元気に大劇場へ通うため
ピラティスや姿勢改善など
セルフケアにも取り組んでいます。

宙組多めの全組観劇派です。
PVアクセスランキング にほんブログ村

複雑で残念な星風まどかの退団発表

どの生徒さんも、いつかは迎える宝塚からの卒業。

そのお知らせを聞いたときは、毎回寂しさが胸をよぎります。

先日発表された花組トップコンビ、柚香光さんと星風まどかさんの同時退団のお知らせは、

いつもの寂しさに加え、複雑で残念な気持ちがとても大きいです。

今日は、星風まどかさんへの今の思いをお話ししたいと思います。

スポンサーリンク
目次

なぜ組替えしたのか…

最初に配属された宙組では研1から抜擢され、早々にトップ娘役となった星風さんは、

まさに向かうところ敵なしのイメージでした。

タイトルロールになった『アナスタシア』では、トップスターの真風さんに新曲が追加されたりしましたが、

作中での星風さんの存在感は本当に大きいもので、宝塚の娘役としては最高待遇の作品でした。

VISAの協賛であることからか、お衣装や装置もいつも以上に豪華でしたし、

アナスタシア役は星風さんの持ち前のキャラクターにぴったりはまっており、

星風さんの安定した抜群の歌唱力で、素敵なミュージカルを観た…!と満足感でいっぱいになりました。

スポンサーリンク

  

そんな公演中に発表された組替えは、あまり前例のないトップ娘役の組替えで、誰もが驚いたものです。

珍しい前例の一人、女帝とも呼ばれた花總まりさんをどうしても思い起こさせ、

星風さんが花組で『エリザベート』を演じるための組替えなのでは?という声も聞こえていました。

当時は『アナスタシア』で大満足していたので、これ以上『エリザベート』のような大作をすることになったら、

娘役としては破格すぎる扱いだな…なんて思っていました。

退団が発表され、『エリザベート』も演じないことが確定した今となっては、

人事的な様々な状況があったにせよ、星風さん組替えの意味は結局何だったのだろう…という思いと共に、

このタイミングで退団されるのであれば『アナスタシア』で退団し、

外部のミュージカルで活躍された方が良かったのでは…?と思ってしまいます。。

もちろん今からでも、しっかり外部で活躍されるのは間違いないと思いますが。

スポンサーリンク

花組でインパクトのある作品がない

花組には他にも娘役はいるのに、あえて星風さんを花組に組替えしたのには、

それなりに周囲を納得させる作品が用意されていたから、と思いたいです。

コロナ禍で作品の公演予定を変更せざるを得ない状況があったのかもしれませんが、

花組に組替え後、星風さんにとって『アナスタシア』ほどのインパクトがある作品はないですよね。

上級生になり大人の女性役も増えて、今までのイメージからどうシフトしていくのか、

星風さん自身、試行錯誤しているのかな…と思ったこともありました。

そのような段階を経た後、直近の『鴛鴦歌合戦』での星風さんは、

宙組時代からの持ち味を活かせる役で、とても良かったです。

でも結局、試行錯誤した末の新・星風まどかのようなものは見られていませんし、

この役をするために花組に組替えしたのではないよね…という思いがあり。。

そんなときに退団が発表され、本当に残念でなりません。

スポンサーリンク

柚香さんとの同時退団

トップコンビが同時退団する場合、サヨナラショーはあくまでも男役トップスターがメインとなります。

でも星風さんはこれだけ長くトップ娘役を務められたので、

星風さん単独のサヨナラショーも観たい、また開催してあげたい気持ちになりますよね。

トップ娘役が単独で退団する場合は、トップ娘役単独のサヨナラショーが行われるだけに、

退団時期をずらせなかったのか?と思ってしまいます。特に花組さんは同時退団が少ないですし。。

一方で、任期も長くなり下級生も育ってきて、さすがにもう退団のタイミングではあったことに加え、

星風さんは昔からずっと柚香さんのファンだったと公言されているので、

添い遂げという娘役の美学を貫かれたのだな…と勝手に納得もしています。

スポンサーリンク

宙組・花組での星風さんの確かな功績

一つだけ、間違いないと思っていることがあります。

それは、真風さん・柚香さん共に、星風さんと組むことで歌唱力がとても安定したということです。

もちろん、ご本人たちのたゆまぬ努力の結果ではあるのですが、

安定した星風さんの歌唱力は、トップスターを支える力になったことは間違いないはずです。

今となっては、そのサポート力が花組への組替えの大きな理由だったのかも…とさえ思っています。

スポンサーリンク

  

最後の作品となる『アルカンシェル』では、どんな姿を見せてくれるのでしょうか。

生徒への愛情あふれる脚本を書いてくださる小池先生の作・演出なので、

最後に新・星風まどかが観れることを大いに期待したいと思います。

お付き合いありがとうございました。
↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次