MENU
アーカイブ
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
ゆり
子供のころからファンだった宝塚歌劇
結婚や子育てで離れていましたが
2011年から観劇を再開しました。

夫が病で亡くなって一人暮らしとなり
宝塚歌劇に生きる活力をもらいながら
感動と心地よい暮らしを
積み重ねていくことが目標です。

何歳になっても元気に大劇場へ通うため
ピラティスや姿勢改善など
セルフケアにも取り組んでいます。

宙組多めの全組観劇派です。
PVアクセスランキング にほんブログ村

トップ娘役配役の難しさ【感想】配信『デスホリ』

月組シアターオーブ公演『DEATH TAKES A HOLIDAY』の配信を視聴しましたので、

感想をお話ししたいと思います。

スポンサーリンク
目次

全体の感想

『DEATH TAKES A HOLIDAY』は2011年にオフ・ブロードウェイで初演された作品。

宝塚では今回が初演のため、新鮮な気持ちで観られると思っていたのですが…

コミカルな場面があるにも関わらず、一幕途中からウトウトしてしまいました。

セリフよりも歌唱で表現する場面が多く、繊細なメロディーのナンバーが淡々と続いたせいだと思います。

全体の印象としては、各演者の見せ場も多く、

ナンバーの聴かせどころや力強いタップダンス場面など

見応えはあるのですが、その分散漫になっているような気がしました。

スポンサーリンク

   

月城さん演じる死神が熱唱して大いに盛り上がっている直後の場面で、

英真なおきさんと彩みちるさんの微笑ましい場面があったのですが、

もう少し月城さんの余韻に浸りたかったです。。

どちらも素晴らしい場面だったので、場面展開にもっと工夫が必要な気がしました。

何度か観ると印象が変わって、それぞれの場面を楽しめるようになるのかもしれません。

でも本音としては、初見で感動したいです!

演じている生徒さんたちは、みなさん完成度が高くて安心安定の月組。

月城さんは、ポスターを見たときから本当に楽しみにしていたのですが、期待どおりの妖しく美しい死神。

落ち着いた声にはいつも知性を感じるのですが、

今回はさらに深みが増していて、お歌も本当に感動的でした。

最後の金髪に白い衣装は、最高にカッコ良かったです。

スポンサーリンク

トップ娘役配役の難しさ

今回印象に残る場面を演じていた娘役は、トップ娘役の海乃美月さんに加えて

白雪さち花さん、彩みちるさん、白河りりさん、きよら羽龍さんの5人です。

海乃美月

海乃さんはトップ娘役として当然ヒロインのグラツィアなのですが、全然マッチしていませんでした。

やはりキャリアが長いことや、面差しが大人っぽいので、

しっとりした大人の恋愛ものとか、しっかり者の女性などはバッチリはまるのですが、今回は違う気がしました。

スポンサーリンク

白雪さち花、彩みちる

学年順からいくと、おばあちゃん役は白雪さんでは?と思うのですが、

白雪さんはお母さん役で、彩さんがおばあちゃん役だったので驚きました。

一時はトップ娘役候補にも名を連ねていた彩さんが、おばあさん役なんてちょっとショック…

と思っていたのですが、英真さんとの並びやお二人の演技と歌を見て納得しました。

ちょっと可愛い雰囲気のおじいちゃんである英真さんの横に白雪さんが来ると、

貫禄がありすぎて相性がイマイチな感じになっていたでしょう。

スポンサーリンク

  

彩さんのおばあちゃんは可愛らしく、不思議さも醸し出していて、

このお話の中で求められているおばあちゃん像そのものだったと思います。

可愛らしいおばあちゃんを見事に演じていた彩さんですが、

もしグラツィアを演じたとしても、かなり魅力的になったはずです。

彩さんは実力があり、演じられる役の幅も広いので、今後素敵な役に恵まれることを心から願っています。

スポンサーリンク

白河りり、きよら羽龍

お二人とも新人公演のヒロイン経験者。

白河さんは、夫を戦争で亡くし、心の中に寂しさを抱えながらも明るく生きる女性を上手に演じていました。

きよらさんは、叶わない片思いの心情をコミカルに表現しながらも悲哀感も感じられる演技で、

お二人とも本当に素晴らしかったです。

このお二人がグラツィアを演じても、若さからくる健気さも加わって、魅力的なグラツィアになったでしょう。

スポンサーリンク

   

決して海乃さんを批判しているわけではないのですが…

彩さん、白河さん、きよらさんのグラツィアでもよかったし、むしろ見てみたかったと思ってしまいました。

演者にあてがきできる宝塚オリジナル作品と違って原作ありきの作品では、

最低限固定されたトップコンビに合う作品が選ばれると思うのですが、

今回は海乃さんにはちょっと合っていなかったように思います。

版権料やその他さまざまな理由があって作品が選ばれるのだと思いますが、

固定トップコンビ制度の難しさを、今回の作品で改めて感じることになりました。

お付き合いありがとうございました。
↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次