MENU
アーカイブ
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
ゆり
子供のころからファンだった宝塚歌劇
結婚や子育てで離れていましたが
2011年から観劇を再開しました。

夫が病で亡くなって一人暮らしとなり
宝塚歌劇に生きる活力をもらいながら
感動と心地よい暮らしを
積み重ねていくことが目標です。

何歳になっても元気に大劇場へ通うため
ピラティスや姿勢改善など
セルフケアにも取り組んでいます。

宙組多めの全組観劇派です。
PVアクセスランキング にほんブログ村

原田氏への文春砲について思うこと

今日は水美舞斗さんの専科への組替えという大きなニュースがあったのですが、

週刊文春オンラインでショッキングな報道があり、あまりにも残念で

未だにこんなことがまかり通るのかと憤りを感じてしまい…

今日はそのことについて少しだけ気持ちをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

  

先日千秋楽を迎えた『蒼穹の昴』は、久しぶりにお衣装や舞台装置などが豪華仕様で、

専科の方々も多く出演され、劇団の並々ならぬ力の入れようを感じた公演でした。

おそらく賞取りなども意識されていたはずです。

劇団からすれば、それだけ力を注ぎこんだ作品を任せられる演出家ということだったのでしょうが…

記事の内容を信じるならば、本当にあり得ない事態です。

報道されている内容を鵜呑みにするのはよくないと思うのですが、

劇団もハラスメント事案を確認し厳正に対処しているとのことで、何もなかったわけではないようです。

劇団の対応は、原田氏を演出から外して親会社の阪急電鉄に異動させただけとのことで、

近年の社会通念を理解していないのか、事態を軽く見ているのか…大変失望しました。

お披露目公演の『CITY HUNTER』、2作目の『夢介千両みやげ』と、どちらも軽めの作品だった彩風さんでしたが、

3作目にして感動的な大作に出会えて本当に良かったと思い、彩風さんの代表作になると強く思ったものでした。

その感動が変わるわけではなく、作品が素晴らしかったことに変わりはないのに

今回の報道のせいで、作品の良さが損なわれたように感じてしまいました。

スポンサーリンク

  

芸能界ではよくあることと思われてきたかもしれませんが、

#MeToo運動で世界全体に広まったように、社会は大きく変わってきています。

もう今は、突き抜けた才能や権力があれば許されるという考えがまかり通る社会ではないのに、

ましてや女性だけの劇団である宝塚の演出家の原田氏にその感覚が欠如していたことは、本当に残念でしかありません。

「清く正しく美しく」をモットーに掲げている劇団なのですから、

100年を超える伝統を守るためにも、生徒さんたちを守るためにも

こんな事態は未然に防ぎ、今回の件に対しては毅然とした態度を示してほしいものです。

お付き合いありがとうございました。
↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次